【日焼け止めなんで使ったほうがいいの?😱】

キャンペーン

 

うさぎ大好き長谷川です🐰
いよいよ夏本番ですね💦日焼け対策は準備できてますか?
日焼け対策と行ったら『日焼け止め』ですよね☺

グラースアロマコートでは日焼け止め10%OFFのキャンペーン実施中です😍

そんな『日焼け止め』の疑問に答えちゃいます❣

どうして『日焼け止め』塗ったほうが良いの?

「日焼け止め」使ったほうが良い理由は、「肌のダメージを防ぐ」からなんです!

日焼け止めを使わずに直接紫外線を浴び続けると、肌は日焼けをします。

日焼けは「火傷」と同じで肌が炎症を起こしている状態です。

ひどいときは、皮膚の深くまで炎症を起こしてしまいます。最悪の場合は、水ぶくれなどが発生し、皮膚に大きなダメージが・・・!!

また、一度に焼けなくても、ダメージは少しずつ蓄積されてしまいます。

年齢を重ねたときに、シミやシワ、たるみの原因になったり、皮膚ガンが発生しやすくなってしまったりも…😨

紫外線の種類☀

紫外線には、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)があり、肌がヒリヒリ赤くなって、シミやそばかす、皮膚癌の原因にもなるのが紫外線B波(UV-B)。これは直射日光に当たらなければある程度防げます。ところが、直射日光に当たらなくても、じんわり肌の奥で肌老化を進めるのが紫外線A波(UV-A)。

A波は曇もガラスも通過するので、曇りの日も雨の日も、また家に居ても浴びる危険性が強いのです。

SPF?PA?ってなに?

SPF・・・紫外線B波を防ぐ能力。数値が高いほど防御する力が大きいです。
PA・・・紫外線A波を能力。+の数で表しています。
PA+・・・UV-Aに防止効果がある
PA++・・・UV-Aに防止効果がかなりある
PA+++・・・UV-Aに防止効果が非常にある
PA++++・・・UV-Aに防止効果が極めて高い
SPFの数値だけではなく、このPAの値を確認して選ぶようにしましょう。

SPFについてはコチラの記事を御覧ください☺

「お肌に優しい」日焼け止めの選びのポイント

『曇り』だからって安心してませんか?😥

ギラギラした日差しが照りつける日は、少しでも日差しを避けようと、みなさんしっかりとUVケアをしますよね。

それに比べて、どんよりと厚い雲に覆われて、日差しを感じない日は、今日は日焼け止めはいいかな、と思ってしまいませんか?

気象庁のHPに紫外線量は「快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。」とあります。

しかし!「雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがある。」と書かれています。

晴れている日より曇りの日の方がしっかりとUVケアをする必要があるのです。

曇りの日は晴れの日に比べてUV-B波こそ減少していますが、UV-A波の量はほとんど変わりません

。UV-A波は、皮膚に届く紫外線量の実に約95%を占めていて、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼすお肌を老化させる原因そのものです。

自分に合わせた日焼け止めを🐰

肌のダメージや、日焼けに関しては人によって感じ方や表れ方が違います。なので、その人の思う「肌のダメージ」を受けないように紫外線を防ぐことが重要です!

日焼け止めは使うシチュエーションや、お肌のタイプに合わせて選ぶことが大切。白いままでいたい方は何度か重ね塗りをし、黒くなりたい方は肌のダメージと相談しながら適量使うことで、日差しとも楽しく付き合って夏を満喫しちゃいましょう😎

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。